職員研修情報

      平成29年度 職員研修計画
  • ※写真は、平成28年度にちよテラホール(高知市知寄町)にて開催された法人研修

法人

新規採用職員研修
昭和会の一員として、”昭和会で仕事をするうえで大切なこと・必要なこと”を伝えています。
 
平成29年度は、平成30年3月下旬に実施します。
(平成30年度 新規採用職員対象)

スペース

法人職員研修
1年に1度、昭和会職員を対象に開催しています。
 
平成28年度は、10月8日(土) ちよテラホールにて開催。約70名の職員が参加し、午前は事業所の事例報告とグループワーク。午後からは、桃山学院大学 社会学部 社会福祉学科の松端克文教授に「個別支援計画」~そもそも障害者支援とは…?~をテーマにご講演いただきました。
 
平成29年度は 7月1日(土)ふくし交流プラザにて開催を予定しています。
  • 各事業所の支援員が一堂に会し、様々な視点でグループワークをおこなう
  • 積極的に発表をおこなう先輩支援員チーム
主任会主催研修
各事業所の事例報告とグループワークを中心とした職員研修会を開催しています。
 
また、主任会は 職員親睦交流会(レク)を企画しており、平成28年度は10月2日(土)にボーリング大会《日中》と親睦会《夜》を実施。それぞれに約40人が参加し、日々のチームワーク作りにも役立てています。

スペース

法人 事務局

事務研修(月1回)
制度や業務(総務・会計)について、事務担当職員が情報収集や情報交換をし、日々研鑽しています。
 
めまぐるしく変わる制度に抜かりなく対応し、“縁の下の力持ちチーム”となるための研修会です。     
労務管理研修
各種法令を順守したうえで、適切な労務管理を行い “働きやすい昭和会”であるために必要な基礎的知識を研修で得ています。
経営管理職員研修
運営管理職員に求められる役割を理解し、それを実践するため 法人本部役員・各事業所の施設長他が研修を受講しています。
会計・経営に関する研修
 適切に会計を管理し、法人及び各事業所運営の透明性や安定性・継続性を確保した法人経営を行うための研修を受講しています。
福祉人材確保セミナー
福祉職場での人材確保が社会的な問題となっている今、求職中の方から 「昭和会で働いてみたい!」と思ってもらえるよう “採用の在り方を構築する”ためのセミナーに参加しています。
マイナンバー制度対応
セミナー
マイナンバー制度の概要と社会福祉法人の福祉施設(利用者対応)に求められる具体的な対応について、必要な知識を習得するための研修を受講しています。

事業所 共通研修

虐待防止研修
 利用者の皆さんおひとりおひとりの権利を守る意識をもち、また、障害者虐待に関する知識を得て理解することで障害者虐待を防止する取組をしています。
災害対策研修
大規模災害時にも対応できるよう、知識・技術・連携を確認しながら繰り返し学び、いざという時の実践につなげる研修に参加しています。
救急救命研修
 1年に1度、心肺蘇生法・AED(自動体外式除細動器)の使用方法・止血や異物が喉に詰まった時の応急手当等の基本を身につけています。
防火管理者講習
消防法に基づき、建物などの火災による被害の防止を図るため防火管理者を選任しています。防火管理に必要な知識やその役割を理解し、事業所として取り組むために講習を受講しています。
安全運転管理者講習
道路交通法に基づき、自動車を運転する職員に対する安全教育や自動車の安全な運行を管理するために、安全運転管理者を選任しています。安全運転管理に必要な知識やその役割を理解し、事業所として取り組むために講習を受講しています。
メンタルヘルス研修
様々なストレスに晒され「メンタルヘルス不調」に陥る人々の増加が大きな社会問題となっています。職場においても、メンタルヘルスケアに取り組むために研修を受講しています。
リスクマネージメント
研 修
 福祉施設におけるリスクマネジメントの取り組みを進め、リスクの発生や影響を最小限にすること・現場の改善に役立てることで、サービスの質の向上につなげるよう研修を受講しています。
感染症対策研修
施設内感染対策研修会他に参加し、事業所における感染症対策・リスク管理についての研修を受講しています。季節性インフルエンザ・感染性胃腸炎他の他、児童部門においては 乳幼児期にかかりやすい感染症についての対策に取り組んでいます。
福祉協会主催研修
(全国・中四国・四国・高知県)
 公益財団法人 日本知的障害者福祉協会 及び その地方会が主催する研修に多くの職員が参加しています。
福祉協会に属する他法人の事業所との情報交換等、横の繋がりも大切にしています。
意思決定支援に関する研修
様々な場面で、おひとりおひとりの利用者の方に対し、日常的に行わなければならない意思決定支援…。内外の研修を通して、『私たちが行う“意思決定支援”とは、どのようなもので、どうあるべきで・また どのように支援していけばよいのか。』を考え現場での実践にいかしています。
行動障害の理解
 に関する研修
行動障害は、「周囲を困らせる」行動ではなく 本人が「困っている」ことのサインです。障害特性(コミュニケーションの苦手さや感覚の過敏性など)に環境がうまく合っていないことが、人や場に対する嫌悪感や不信感を高めてしまいます。研修会を通じて、行動障害のある方々の支援に必要な知識とスキルを身につけ 少しでも安全で安心できる環境で過ごしてもらえるよう取り組んでいます。
強度行動障害支援者
    養 成 研 修
 
行動障害のある方々を支援するための「基礎的な知識」等を学び(基礎編)、適切な支援を行う職員の人材育成を進める指導者を養成すること(実践編)を目的とした研修を受講しています。
児童発達支援関係研修
昭和会では、発達障害のある児・者(発達障害の疑いのある児童や未診断の成人を含む)をサポートしています。おひとりおひとりのステージに合わせた支援を習得するため、様々な研修に参加しています。
サービス管理責任者研修
 昭和会の事業展開に必要な各分野のサービス管理責任者・児童発達支援管理責任者を育成するため、この研修を受講しています。
職員階層に応じた研修
福祉職場に求められる人材・昭和会が求める人材を育成するため、職位や階層に応じた各種研修を受講しています。
(新任・中堅・指導職・管理職研修等)

スペース

事業所種別研修

研 修 名
主 催 等
参加事業所
自閉症支援者のための
実技講習会
高知県療育福祉センター
昭光園
旭福祉センター
みてわかる支援と
環境づくり
高知県療育福祉センター
昭光園
おおなろ園
旭福祉センター
発達障害に関するセミナー
高知県療育福祉センター
昭光園
旭福祉センター
全国障害者生活支援研究
セミナー
全国障害者生活支援研究会
昭光園
福祉牧場おおなろ園
東部障害者福祉センター
旭福祉センター
発達講座
行動障がいへのアプローチ
水仙福祉会
(アイ・サポート研究所)
昭光園
福祉牧場おおなろ園
福祉事業所えぼし
東部障害者福祉センター
旭福祉センター
食事に関する研修
専門機関
昭光園
福祉牧場おおなろ園
旭福祉センター
福祉事業所えぼし
ケア別研修
高知県福祉研修センター
専門機関
昭光園
福祉牧場おおなろ園
旭福祉センター
福祉事業所えぼし
グループホーム研修会
知的障害者福祉協会
旭福祉センター
福祉事業所えぼし
就労支援セミナー
専門機関
昭光園
社会就労センター研修
社会就労センター協議会
(SELP協)
昭光園
地域福祉セミナー
専門機関
東部障害者福祉センター
旭福祉センター
福祉事業所えぼし
相談支援事業研修
専門機関
東部障害者福祉センター
相談支援従事者現任者研修
高知県
昭光園
東部障害者福祉センター
旭福祉センター 
社会福祉士実習指導講習会
社会福祉士会
東部障害者福祉センター
苦情解決セミナー・
リスクマネージャー研修
専門機関
東部障害者福祉センター
旭福祉センター
ミュージックケア
初任者研修
専門機関
旭福祉センター
福祉避難所運営研修
専門機関
福祉牧場おおなろ園
先進事業所での現場実習
先進事業所
旭福祉センター

その他、各事業所において 必要に応じた研修に参加しています。